フランスアンティーク◇猫脚デスク/古木テーブル/無垢材/勉強机/飾り棚/店舗什器/ディスプレイ台/フレンチヴィンテージ/ビンテージ家具(a4800268)

0円(税抜)

購入数
フランスの田舎で見つけた古木のデスクです。
1940年代頃。オーク材。


扉は全て鍵を取っ手として使用します。
※施錠も可。



こちら前後面どちらも同じデザインなので、
両面で使用可能な珍しいタイプとなっています。


経年による古木がシャビーな雰囲気で魅力的。
細工の施されたアンティーク特有の脚部のデザインが
異国情緒を漂わせます。


自宅で勉強机やパソコン机としてのご利用はもちろん、
オフィスでのデスクとして使用してもお洒落ですね。


2人掛けのダイニングテーブルとしてはもちろん、
カフェのテーブルとしてや、店舗のレイアウトテーブルとしてなど、
様々な用途で活躍してくれそうです。


アンティーク独特の猫脚(カブリオールレッグ)も魅力的です。

【カブリオールレッグ】とは、アンティーク家具の脚のデザインの一つです。
動物の脚をモチーフにした曲線の脚のことで、一般に猫脚と訳されます。
先端は曲線か、丸く膨らみ爪がついているものもあります。

アン女王時代(1702〜1714)は、一般的な家具が快適さと優雅さを
兼ね備え始めた時代でもあり、その頃から猫脚が始まったとされています。

< カブリオールレッグ(Cabriole legs)のカブリオールとは、
フランス語のダンス専門用語で、はずむ、飛び上がるという意味もあるそうです。



年代物アンティークならではの、味わいのある古びた感じと素朴な風合いが、
ノスタルジックな雰囲気を漂わせ空間に程よい温もりと心地よさをプラス、
ディスプレイにするだけでインテリアに深みを出してくれそうですね。


ショップのディスプレイ小物としてのご利用はもちろん、
日常空間でアンティーク家具と組み合わせてヨーロッパの映画や、
インテリア雑誌に出てくるようなワンシーンを作り出すのも楽しそうですね。
また、モダンな家具との組み合わせもおもしろそうです。


経年劣化による汚れ、キズ、錆び、割れ、剥げ、変色等ございます。
その点をご理解の上でご購入をお願いいたします。




○サイズ○

H:約75.5cm×W:約141cm×D:約91cm

(収納)
H:約28/24cm×W:約40cm×D:約38cm×4

※多少の誤差は悪しからずご了承ください。




【注意事項】
現状渡しとなりますので、古いものに慣れてない方や神経質な方はご購入をご遠慮ください。
実物とパソコンモニター画面では、見た目の色に多少違いがある場合もございますが、予めご了承ください。